読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

プログラミングの備忘録です

TortoiseGit ブランチを使って効率的に変更作業を行う 第5回

TortoiseGitを使ってバージョン管理システムを勉強しています。

ブランチの基礎とブランチの作成・切替の操作について書きます。
 

ブランチとは

ひとつづきの変更履歴のことです。

初期ブランチは、masterブランチです。

主軸となる変更履歴から枝分かれさせて、別の変更履歴(ブランチ)を作成することができます。

 

ブランチの作成

変更作業ごとに複数のブランチを作成し、それぞれの作業を並行して進めることもできます。

 

  1. 作業フォルダを右クリックして表示されるメニューで、「TortoiseGit」>「ブランチの作成」をクリックすると、「ブランチを作成」画面が表示されます。
  2. 「ブランチを作成」画面で、「名前」の「ブランチ」にブランチ名を入力します。
  3. 「基点」に主軸となる変更履歴のどの版から枝分かれさせるのか入力します。例えば、「HEAD(master)」を選択すると、masterブランチのHEAD(最後にコミットされた版)から枝分かれします。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。

 

作成したブランチを確認します。

作業フォルダを右クリックして表示されるメニューで、「TortoiseGit」>「リファレンスをブラウズ」をクリックすると、「リファレンスをブラウズ」画面が表示され、ブランチ一覧を見ることができます。

 

ブランチの切替(チェックアウト)

ブランチを切り替えることにより、作業フォルダでそれぞれのブランチへの変更作業を行うことができます。

 

ブランチを切り替えると、作業フォルダに切り替えたブランチの最新版の内容が展開されます。
 

  1. 作業フォルダを右クリックして表示されるメニューで、「TortoiseGit」>「切り替え」をクリックすると、「切り替え」画面が表示されます。
  2. 「切り替え」画面で、「切り替え先」に切り替えたいブランチを選択します。
  3. 「OK」ボタンをクリックします。

 

切り替わったことを確認します。

作業フォルダを右クリックして表示されるメニューに、「Gitコミット - >(切り替え先のブランチ名)」が表示されます。

この後コミットをすると、切り替え先のブランチに変更が記録されていきます。

変更した後コミットをしないで、ブランチを切り替えてコミットすると、その変更は切り替えた先のブランチに記録されます。

 

ログ画面からブランチを確認します。

作業フォルダを右クリックして表示されるメニューで、「TortoiseGit」>「ログを表示」をクリックすると、「ログメッセージ」画面が表示されます。

「ログメッセージ」画面で、現在のブランチの最新版は、赤色背景でブランチ名が表示され、その他のブランチの最新版は、緑色背景でブランチ名が表示されます。

 

主軸でないブランチの変更を主軸のブランチに統合(マージ)

 

主軸でないブランチで変更作業を完了したら、主軸のブランチにその変更を統合する必要があります。

 

次回

ブランチに統合する方法を書きます。

 

記事一覧

第1回 はじめてのバージョン管理システム Git

第2回 TortoiseGit Windows(64bit)にTortoiseGitをインストールする

第3回 TortoiseGit ローカルマシン上の作業フォルダの変更履歴を管理する

第4回 TortoiseGit 共有ファイルの変更履歴を管理する

第5回 TortoiseGit ブランチを使って効率的に変更作業を行う

第6回 TortoiseGit ブランチを統合(マージ)する