読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

プログラミングの備忘録です

Googleスプレッドシート シートや範囲に入力できるユーザーを制限する

Googleスプレッドシート シートや範囲に入力できるユーザーを制限する

 共有しているスプレッドシートを複数の人と編集する場合、「この範囲は他の人に入力してほしくない」ということがあるかもしれません。

 このような場合、保護された範囲を編集できるユーザーを制限する機能が役立つと思います。

 

 

シートや範囲に入力できるユーザーを制限する手順

 

1.「範囲/シート追加」フォームを表示する

 

 スプレッドシートを開き、画面上部にあるメニューの「データ」>「保護されているシートと範囲」をクリックすると、画面右側に「保護されているシートと範囲」が表示されます。

 

  すでに保護が登録されている場合は、登録済みの保護一覧が表示されます。保護一覧の上にある「+範囲/シート追加」リンクをクリックすると、「範囲/シート追加」フォームが表示されます。(保護一覧で保護をクリックすると、その保護内容を見ることができます。)

 

 「範囲/シート追加」フォームの「説明」は入力を省略することができます。

 

 

2.保護したいシートや範囲を指定する

 保護対象をシートや範囲(セル)で指定することができます。

 

範囲(セル)で指定する場合

  1. 「範囲」をクリックします。
  2. 範囲を入力するボックスの中にある「データ範囲を選択」アイコン(スプレッドシートのグリッドを描いたアイコン)をクリックし、シート上で保護する範囲を選択します。範囲が選択できれば「OK」をクリックします。

 

シートで指定する場合

  1. 「シート」をクリックします。
  2. シート選択リストで保護するシートを選択します。
  3. 特定のセルを除きたい場合は、「特定のセルを除く」にチェックを入れます。範囲を入力するボックスの中にある「データ範囲を選択」アイコン(スプレッドシートのグリッドを描いたアイコン)をクリックし、シート上で保護から除く範囲を選択します。範囲が指定できれば「OK」をクリックします。

 

 

3.権限を設定します。

 

  1. 「シート/範囲追加」フォームにある「権限の設定」をクリックすると、「範囲の編集権限」画面が表示されます。
  2. 「範囲の編集権限」画面で「この範囲を編集できるユーザーを制限する」を選択 します。
  3.   編集者選択リストから「自分のみ」「詳細設定」「別の範囲から権限をコピー」を選択し、保護された範囲の編集を許可するユーザーを指定します。(下の「編集者選択リストの選択肢」をご参照ください)
  4. 「完了」をクリックすると、「変更を保存しました。」が表示され、範囲が保護されます。

 

編集者選択リストの選択肢

「自分のみ」

  • 自分のみ編集を許可します。ただし、スプレッドシートのオーナー(作成者)が自分でないときは、オーナーにも編集を許可します。

「詳細設定」

  • 「範囲の編集権限」画面に「編集者を選択」が追加表示されます。
  • 編集を許可するユーザーを追加するには、「編集者を追加」に追加したいユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。
  • 「編集者を選択」で一覧表示されているユーザーの右側にあるチェックを外すと、そのユーザーは編集できなくなります。

 

 

編集を許可されていないユーザーが編集しようとすると

 編集を許可されていないユーザーが保護された範囲を編集しようとすると、その編集が拒否され、下のメッセージが表示されます。

「問題が発生しました。
保護されているセルやオブジェクトを編集しようとしています。編集する必要がある場合は、スプレッドシートのオーナーに連絡して、保護を解除してもらってください。

 「OK」をクリックして元のシートへ戻ります。

 

 

保護されていて編集ができない範囲を確認する

 スプレッドシートを開き、画面上部にあるメニューの「表示」>「保護されている範囲」をクリックすると、保護されている範囲の背景が縞模様になります。
 

 

記事一覧

第1回 Googleドキュメントで自動保存された内容を変更履歴から見る

第2回 Googleスプレッドシート シートや範囲を誤入力から保護する

第3回 Googleスプレッドシート シートや範囲に入力できるユーザーを制限する

 

 

参照

Googleヘルプ」(https://support.google.com/

「ドキュメントエディタ」>「スプレッドシート」>「シート、行、列の操作」>「範囲やシートを編集から保護する」を参照しました。