読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

プログラミングの備忘録です

Googleドキュメントで自動保存された内容を変更履歴から見る

Googleドキュメント

Googleドキュメントのスプレッドシートを使うと、変更するたびに自動保存してくれます。下の方法で変更履歴を表示し、変更履歴から自動保存された内容を見ることができます。

 

スプレッドシートのメニューから、ファイル > 「変更履歴を表示」をクリックします。

 

  • 画面右に、変更履歴が日時順に表示されます。
  • 画面中央に、画面右で選択した版(バージョン)の内容が表示されます。

 

変更履歴はスプレッドシート単位に保存されます。シートが複数ある場合、どのシートの変更か注意が必要です。

 

それぞれの変更の「この版を復元」をクリックすると、スプレッドシートの内容がその版(バージョン)に変更されます。

 

画面上に書かれている「変更履歴」左横の「←」をクリックすると、もとのスプレッドシートに戻れます。

 

画面右下に表示オプションがあります。

  • 「変更を表示」にチェックを入れると、変更箇所が緑色に塗りつぶされます。
  • 「簡略化した版を表示」をクリックすると、一部の変更を省いて変更履歴を表示されます。
  • 「詳細な版を表示」をクリックすると、すべての変更履歴が表示されます。

 

誤って入力し保存してしまったとき、役立つかもしれません。

 

 

記事一覧

第1回 Googleドキュメントで自動保存された内容を変更履歴から見る

第2回 Googleスプレッドシート シートや範囲を誤入力から保護する

第3回 Googleスプレッドシート シートや範囲に入力できるユーザーを制限する